FC2ブログ

稲を植えました

周りの稲作農家さんや、ライスセンターの方から「まだ早すぎますよ」と、たくさんのアドバイスをいただいたのですが、このところの気候の変わりようを肌で感じ、「今が植え時」という直感があったので田植えをしました。

banana21042201.jpg

もちろん、気候の変化だけでなく昨年、収穫を目前にしてやられた台風被害と、ウンカの被害を避ける為に、という考えもあっての、この時期の田植えです。

山口県の瀬戸内では、だいたいが「ひとめぼれ」、もしくは「ひのひかり」という品種なのですが、森林の里では「こしひかり」を植えました。
これも、成長が早く台風が来る時期の前に収穫をしたい、という理由があっての選定でした。

banana21042202.jpg

もちろん、稲作はまだ2度目。技術も経験も、周りの先輩農家の方々には劣っていると思いますが、ここ最近の気候変動によると思われる不作を考えると、新しいことに挑戦する意味は大きなものがあると思います。

banana21042203.jpg

朝晩はまだ冷える日もありますが、日中は初夏のように暖かく、すでにオタマジャクシも泳ぎ始めています。
遅霜にも強いコシヒカリ、きっとしっかり育ってくれると信じて、バナナ同様、愛情と手間をかけて、無農薬で育てていきたいと思います!
スポンサーサイト



[ 2021/04/22 15:24 ] 農の聖地 | TB(-) | コメント(0)

2年目の稲作

季節が移り変わるのは早く、特にこの時期は目に見えて景色が変わっていくので、春から夏への移り変わりを肌で感じます。
先週はあんなにキレイだった桜も、ほとんど散ってしまい緑の葉っぱが出てきています。代わりに、これから水田になる田んぼには、鮮やかな紫色をしたレンゲがいっぱい咲いていますね。

さて、森林の里では昨年から稲作にもチャレンジしています。周りのベテラン農家さんからも色々とアドバイスをいただき、順調に育っていたのですが、収穫直前の台風と、台風が連れてきたウンカによる被害に最後の最後でやられてしまいました。

そこで、今年は稲の品種を早稲の「コシヒカリ」に変更することにしました。
さらに、本格的な台風や今年も懸念されるウンカ被害が始まる前に収穫出来るタイミングで植え付けをしてみようと思います。

banana21040702.jpg

先週末から水を引き込み始めました。
農業をしていると、細かな自然環境の変化に敏感になってしまうのですが、今年は「水」が少ないです。おそらく、この近辺の地下水の含有量が減ってきているのではないでしょうか。

私たちの水田が早く水を入れることで、時期が分散されて水の取り合いも防ぐことが出来るのではないか、と考えています。

banana21040701.jpg

まだまだ隣の田んぼは開墾前です。「また、あそこは変わった事を始めたな」と、笑う方もおられますが、長く稲作に携わってこられた農家さんは、今の気候の代わり様を考えると、この時期から始めるコシヒカリ栽培は正解かもしれない、と言ってくださいました。

失敗が怖くない訳ではありませんが、何事も挑戦していかないと前に進めません。

banana21040703.jpg

朝晩の冷え込みが少し気になるのですが、昼間の気温は申し分ありません。

もちろん、森林の里のコンセプトである「食の安全、安心」は稲作でも同様で、農薬を使わずに育てて行きます。
手間がかかりますが、それだけの価値はあると考えています。

すでに、カエルがたくさん集まって来ています。オタマジャクシの沢山泳ぐ、私たちが子供の頃の水田がここにあります。

バナナの直売所のすぐそばの田んぼです。これから新たに農業に取り組んでみたい、食の安全を追求した作物に興味がある、これからの食糧不足が心配で、なんとかしたい、と言う想いのある方がおられましたら、是非お話に来ていただけたらと思います。
一緒に農業を盛り上げて行きましょう!
[ 2021/04/07 14:44 ] 農の聖地 | TB(-) | コメント(0)

どき生ライブが取材に来てくださいました!

ご存知の方も多いかと思われます、先週の直売会にYAB山口朝日放送の「どき生ライブ」が取材に来てくださいました!

banana21032202.jpg

テレビの取材は、本当にありがたいし嬉しいし、前日からスタジオに試食用のスイーツを運んだり、当日も朝早くから農場の段取りをしたり、普段にはない盛り上がりでした。

banana21032203.jpg

今回は、あの「ギター侍」こと、波田陽区さん、そしてYAB美人アナウンサーの具嶋柚月さんが来てくださいました!

banana21032201.jpg

ひかりバナナそのものだけでなく、青バナナを使った「おでん」も試食、また、スタジオでは直売所の人気スイーツ、「ひかりバナナのぷりんです。」と、ちょこっとさんの「キャラメルバナナチーズケーキ」も試食してくださいました。

banana21032205.jpg

農場、そして直売所にとってこの上無いアピールになりました。

そして、撮影終了後は農場スタッフや直売所のお客様へのサインや写真撮影にずっと笑顔で対応してくださったお二人。

banana21032204.jpg

生放送の撮影でお疲れでしょうに、本当に撮影時間よりもサイン会の方が長いのでは?と思うほど、最後の一人までしっかりとサインをしてくださり、お客様もスタッフも全員大喜びでした。本当にありがとうございました!

また、プロデューサーさんには森林の里としての今後の事業展開にも大変興味を持っていただけたようで、今後も色々とご協力していただけるとのこと。大変ありがたく、心強いお話しをいただくことが出来ました。

実は、YABさんは一番早くから森林の里事業に興味を持ってくださってました。
バナナがまだ苗の頃、すでに足を運んでくださっており、今回このように大きく取り扱っていただけた事を大変嬉しく感じております。

反響も大きく、放送終了後30分もしないうちに「テレビみましたよ!」というお客様でお店はいっぱいに・・・
実は「どき生ライブ、視てきました!」とレジで言っていただけると、先着10名様まで「ひかりバナナのソースです。」をプレゼント!という企画があったのですが・・・すぐに10名様到達・・・・・

そこは店長の計らいで、とりあえずこの日、番組終了後に来てくださったお客様には全員にお配りすることに・・・ということで、すでにプレゼント用のソースは無くなってしまったのですが、今後も皆様に喜んでいただける、安全で美味しいバナナ、お菓子、コロッケにおでん(?)をご用意してお待ちしておりますので、是非、ご来店をお待ちしております!

取材を受けるにあたり、お客様にはご不便をおかけしてしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。また、取材へのご協力、撮影へ参加して下さったお客様、本当にありがとうございました。
[ 2021/03/22 14:45 ] メディア | TB(-) | コメント(0)

コロッケをお試しください!

実は、先月の23日にテレビ東京系列の「よじごじDays」という番組で、ひかりバナナを取り扱っていただきました。
21日の日曜日に収穫した青バナナを東京のスタジオに送り、放送日に調理して具志堅さんと上地さんという大物タレントさんが食べてくださったのですが・・・・

残念ながら地元山口県では放送が無かったのです。この辺りだと、ケーブルテレビで視聴しておられればTVQがテレビ東京系列なのですが、TVQは時代劇が放送されてたようです。

せっかくの放送だったのに、直売所ではその反応があるわけもなく少し拍子抜けだったのですが、それでも最近はお料理の材料として、採れたて青バナナを購入してくださるお客様が増えてまいりました。

興味はあるけど、青バナナがどんな物かもわからないし、どういうお料理に使って良いかわからない、というお客様は一度「青バナナコロッケ」をお試しください!

banana21030801.jpg

塩田の厨房で土曜日のアサイチから調理して運ばれてきますので、直売所への到着は9時を少しすぎてしまうのですが、可能でしたら、揚げたてアツアツのコロッケをご賞味いただけますと青バナナの美味しさをご堪能いただけるかと思います。

また、お持ち帰りされましたらオーブンで温めていただきますと、揚げたてに近い表面がカラッとした状態になります。

banana21030802.jpg

パンやベーグルに挟んでお召し上がりいただくのもオススメです!

直売所で販売している青バナナコロッケは、青バナナを皮ごと使ってありますので、食物繊維やレジスタントスターチも豊富に含まれております。

暖かくなってきましたら、お店の前の庭にテーブルと椅子を置いて、そこで食べていただけるようにしようかと考案中です。
「こうしたら良いと思う」「こんな感じにして欲しい」というお客様からの声を参考にさせていただきたいと思いますので、是非、ご意見をお寄せいただけたらと思います。
[ 2021/03/08 10:31 ] バナナのお店 | TB(-) | コメント(0)

さくら亭様の極上スイーツ

光、下松から岩国方面へ向かう広域農道の途中に「さくら亭」というレストランがあります。
街中から離れた、決してアクセスがしやすいとは言い難い場所にありながら、いつも多くのお客様で賑わう「お料理の美味しさ」で名の通ったお店です。

このさくら亭様、ひかりバナナの直売所が出来た頃からスイーツの材料としてバナナを扱ってくださっておられるのですが、2月にバレンタインの特別デザートとして「ひかりバナナのフォンダンショコラ」を創ってくださいました。

banana21022201.jpg

なかなかお店に行けず💦ご紹介させていただくのが大変遅くなってしまいました。

banana21022202.jpg

底の部分はサクサクのタルトで、中には温かい濃厚なチョコレートソースと冷たいひかりバナナ。
周りのオレンジソースは、大島産のみかんで作られた地元愛にも溢れた逸品です。

さくら亭様のお料理は、コース料理の一品ひとしな全て、「美味しい」と感じる最適な温度で運ばれてきます。
この「ひかりバナナのフォンダンショコラ」も、チョコレートソースの暖かさとひかりバナナの冷たさのコントラストが、美味しさと香りをさらに特別な物にしてくれます。

ひかりバナナの香味はもちろんなのですが、採れたての新鮮なバナナは冷やしてもすぐには茶色く変色しないのです。
色が変わったり、ドロっとした食感になってしまうため、これまでスイーツの素材として扱い難いと言われていたバナナですが、実は新鮮なバナナはしっかりと良い状態を保ってくれるのです。

さくら亭様のようなお店が、気に入って使ってくださるのにはそういう理由もあるようです。

加熱した状態でお出しするスイーツですので、残念ながらお持ち帰りの出来ないメニューなのですが、コース料理のデザートとして、是非多くの方にご賞味いただきたい、素晴らしいスイーツに仕上がっております。

さくら亭様はインスタで新しいスイーツ等もご紹介しておられます。こちらも是非、ご覧になっていただけたらと思います。

さくら亭 インスタグラム
[ 2021/02/22 10:31 ] バナナのお店 | TB(-) | コメント(0)