fc2ブログ

さらなる耐寒性を追求

少し前まで「日本はどうなってしまったの?」というくらい暖かい日が続いていましたが、ここにきて急激に寒くなりました。
実は、野菜や果物、樹木などの植物にとって、厳しい寒さというのはすごく大切な物なのです。
寒さを感じることで休眠し、春に備えて体力を蓄えます。
ですので、冬が暖かかったりすると、人間は暖房代も節約できるし、過ごしやすいのですが、桜が咲かずにいきなり葉っぱが出てきたり、植えた球根からいつまでも芽が出なかったりと、おかしな現象が起きてしまいます。

banana23122201.jpg

これまで、森林の里のバナナは一年を通してほぼ一定に温度管理されたハウス内で育ててきました。
凍結解凍覚醒方により、日本の気候でも実をつけることが可能になった耐寒性のあるバナナですが、本当の意味で、日本で育つという訳ではありません。
露地栽培にも挑戦してみましたが、やはり氷点下の日が続くと枯れてしまいます。

banana23122202.jpg

日本でバナナ栽培ができるようになって、まだまだ僅かな年月しか経過していません。
凍結解凍覚醒方でリセットされたバナナの可能性は、本当に未知数で、今のやり方がベストなのかどうかも実はわかっていません。
もっともっと、しっかりバナナを理解し、この先何年、何十年と国産バナナを育てて行く事ができるよう、様々な挑戦をしていこうと考えています。
バナナだけでなく、様々な作物にも挑戦していきます。興味のある方は、ぜひ一度遊びにいらしてください。
スポンサーサイト



[ 2023/12/22 11:40 ] 凍結解凍覚醒法 | TB(-) | コメント(0)