fc2ブログ

春の準備

先週は冬らしい寒い日が続きましたが、今日はまたポカポカしています。
暖かな冬は、われわれ人間にとっては過ごしやすくてありがたいのですが、実は植物にとってはそうでもないようなのです。
厳しい寒さに耐え、暖かい春が来るからこそ目覚める植物は、冬が暖かすぎると目覚めのタイミングを逃してしまって、春に咲くはずの花が咲かずにいきなり葉っぱが出てきてしまったりします。

banana24012901.jpg

ここ数日の寒さで、しっかりと「冬」を感じてくれいたら良いのですが。

banana24012902.jpg

春になってから植える作物の土作りも、この冬の間に行います。
田んぼは野焼きをし、畑には籾殻や堆肥を敷き土を肥やします。

banana24012903.jpg

今育っている大根などは、暖かいとよく育ってくれます。

banana24012904.jpg

白菜は、本当は外側が霜にやられてしなびてしまっているような物が、見た目は悪いのですが実際には甘みがあって美味しいんです。
悪い影響ばかりでは無いのですが、やはり「いつもと違う」季節の移り方をした時は、色々と気になってしまいます。
ただ、人間はその自然の流れには逆らうことは出来ませんので、その中でもしっかりと作物を育て、さらにはより美味しい物を作っていけるよう工夫をしていかなくてはなりません。

去年の夏はこれまでにない猛暑でしたが、今年もまた猛暑に、もしかしたら去年以上の酷い暑さになるかもしれません。
植える時期を変えたり、日陰を作ったり、現場で出来ることは限られていますが、出来る限りの対策をし、備えたいと思います。
スポンサーサイト



[ 2024/01/29 11:57 ] 農の聖地 | TB(-) | コメント(0)

お知らせ

banana24012001.jpg

現在、バナナの耐寒性を高める試験を実施しており、販売可能なバナナが収穫できておりません。
楽しみにしてくださっておられるお客様には大変申し訳ございませんが、しばらくの間、直売所の営業はお休みさせていただけたらと思います。
また、再開可能な状況になりましたら、改めてお知らせさせていただきます。
ご理解のほど宜しくお願い致します。
[ 2024/01/20 12:23 ] バナナのお店 | TB(-) | コメント(0)

ひかりばななのプリンです。

毎年この季節は、販売する商品が品薄になってしまいます。
本来なら、夏の日差しをたっぷり浴びた一年でも一番甘いバナナが収穫される時期なのですが、今年は暖冬、ということで暖房を使わずに育つ、「本当の耐寒性を持ったバナナ」の株分をする良い機会ということで、チャレンジしている為、出荷出来るバナナが極端に減っています。

そんな中、完熟バナナを使ったプリンは、月イチの限定販売になるのですが作っています。

banana24011101.jpg

香りと甘さがしっかり乗ってきた状態のひかりバナナと、新鮮な地元の玉子で作ったプリン。

banana24011102.jpg

何度も何度も試作を繰り返し、やっと納得の出来るプリンに辿り着きました。

banana24011103.jpg

味と香り、食感にとことんこだわったプリン。

banana24011104.jpg

状態の良いバナナを使いますので、毎月の数量は限定になってしまうのですが、出来る限りご要望にはお応えしていきたいと考えております。

プリンは、楽天市場での限定販売となっております。
プリンが大好きで、色んなプリンを食べてきた。そんなプリンマニアの方にこそ是非お召し上がりいただきたい自信作です。

https://www.rakuten.co.jp/hikaribanana/
[ 2024/01/11 16:36 ] 販売 | TB(-) | コメント(0)

自給自足に向けて

あっという間の年末・年始でした。
今年は元旦から大きな地震、さらには航空機事故などがあり、お正月気分も半ばに大変心配で、心の辛いお休みになってしまいました。
被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

明日は今年最初の週末ですが、年末・年始のお休み期間中は収穫作業もお休みをいただいており、販売するものがございませんので、直売所は今週はお休みをいただき、来週から開始させていただきます。

banana24010501.jpg

今年も、森林の里を宜しくお願い致します。

しかし、ロシアによるウクライナの侵攻にはじまって、世界では「まさかそんな事が起こるなんて」というような事が現実に起こってしまっています。
戦争にしても、自然災害にしても、たとえ当事者でなくとも私たちの生活に大きな影響があります。
日本という国に産まれ、生きていく中で、真っ先に気に掛かってしまうのが「食料自給率の低さ」です。農業を営んでいますから、余計に事を重大に感じてしまうのかもしれません。

banana24010502.jpg

私たちは、食べるものがないと生きていけません。
もちろん、現段階でそこまで言うのは大袈裟だとは思うのですが、野菜や卵、小麦粉などの需要の大きな物が値上がりして、今後も元の値段に戻ることは無いように感じます。

国産バナナのような特別なものではない、ジャガイモやにんじん、玉ねぎ、白菜、そして玉子や食用油など、身近な物、無くなってしまうと困る物、無くならないまでも、価格が急騰すると生活に直結して響いてしまう物、そういう作物こそ大切に、自分たちでしっかり育てて行くことも非常に重要だと考えます。

banana24010503.jpg

まだまだ、そこまで深刻にならないといけないような状況では決してないのですが、今のうちに、まだまだ楽しみながら栽培ができているうちに、しっかりと良い物を育てていける基盤を整えておきたい、2024年は、そういう方向で事業を進めていくスタートの年にしたいと思います。

もし、野菜や果物、養鶏などに興味がある方がおられましたら、お気軽に遊びにいらしてください。お待ちしております!
[ 2024/01/05 13:13 ] 農の聖地 | TB(-) | コメント(0)