fc2ブログ

寒さに負けず、最後の大仕事

本日から、新しいハウスへの苗の植え替え作業が始まりました。

banana16121301.jpg

植え替え作業はこちらのスタッフも一度経験済みなのですが、非常にデリケートな作業で目に見えないノウハウも多々ありますので、D&Tファームのスタッフも応援に駆けつけてくれます。

banana16121302.jpg

1期目のハウス内に「居候」していた鉢植え状態の苗を、ひとつひとつ運び出します。
この場所は元々が水田ですので、暗渠パイプが埋設されているハウスの外は先日の雨がまだ残っており「じるい」状態。足元が悪く、この運搬作業だけでも大変です。

banana16121303.jpg

新しいハウスへ運び込まれたバナナの苗。やはり、地面に植え替えられた物と比べるとまだ小さいです。
これから、しっかり地面に根を張って育って行ってもらわなくてはなりません。

banana16121304.jpg

準備が出来た場所から、D&Tのスタッフが植え替え作業にあたります。
農業用のビニールハウスとしてはかなり大きなハウスですが、もんげーバナナの木は相当大きく育ちますのでバナナ同士の干渉が可能な限り少なくなるよう、きっちり寸法を出して整列させます。

banana16121305.jpg

また、斜めになってしまわないよう微妙な角度調整をしながらの植え込み作業。これが側で観る以上にデリケートで時間の掛かる作業になります。

ただ、この植え替え作業が終わると、とりあえずひと段落です。8月から本格的に始まった「もんげーバナナ農園」の完成が近づいてきました。

banana16121306.jpg

ハウスの周りにあった緑も、すっかり枯れてしまい「真冬」の様相です。実際、先週あたりから最高気温が10度前後、最低気温が0度前後と、常識で考えると「苗の植え替え」をするなんてありえないような気候です。南国の植物ではなく、もともと日本にある農作物でもこの時期は「越冬状態」にあるのですが、そんな中で熱帯植物であるバナナの植え替え作業が「凍結解凍覚醒方」により可能になるのです。

もし、このバナナを「自分も育ててみたい」「興味がある」と思われた方は

https://www.dt-farm.com/

まで、お気軽にお問い合わせください。
バナナだけでなく、様々な「日本で育つ」耐寒性のある熱帯植物で、日本の農業と食を、より良い物にしていきたいと考えております。
スポンサーサイト



[ 2018/12/13 11:48 ] 開拓 | TB(-) | コメント(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する